Looks like you are visiting artek.fi from Japan. If you like, switch to another website version.

蘇るサヴォイの灯り

蘇るサヴォイの灯り

Artek-Golden-Bell-Restaurant-Savoy_0014

「ヘルシンキ市内に新しく建設されたIndustrial Palaceに、高級レストラン、サヴォイレストランがオープン!ヘルシンキの人も観光客も、皆が訪れるべき注目の場所。」1937年6月3日、Helsingin Sanomatの記事

ヘルシンキの街を見渡すことができるサヴォイレストランには、80年の月日を経て、今もアルヴァ・アアルトのデザインによる照明「A330S ペンダント ゴールデンベル」が灯されています。当時、実際に使われていたオリジナルを忠実に再現したA330Sペンダントゴールデンベルサヴォイが現代に蘇ります。

Artek-Golden-Bell-Restaurant-Savoy_0015
サヴォイレストランのダイニングホール

サヴォイレストランの内装デザインを依頼されたアルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトは、エレガントな真鍮のペンダントランプをデザイン、翌年、パリ万博のフィンランドパビリオンで発表しました。それは、ほどなくして「ゴールデンベル」という愛称で呼ばれるようになります。

Pendant Light A330S "Golden Bell" Savoy_on
当時のオリジナルを再現したコード

A330Sペンダントゴールデンベルサヴォイは、従来同様に接合を施さない一つの真鍮を用いていますが、あえて仕上げにクリア塗装をせず、真鍮そのままの魅力を活かしています。無塗装の真鍮は、生産された直後から酸化が始まり、年月を追うごとに美しい「パティナ」、すなわち経年変化による痕跡が刻まれていきます。

彫刻のような美しさ、柔らかな灯り、そして経年変化による味わいを楽しめる<A330S ペンダント ゴールデンベル サヴォイ>は、アアルト夫妻とアルテックの想いを過去から現代へと伝える存在です。

関連製品