Looks like you are visiting artek.fi from Japan. If you like, switch to another website version.

オルガテック 2018

オフィス家具の国際見本市オルガテック2018にて、アルテックは現代の働く環境におけるUniversal Wooden Chair「普遍的な木製の椅子」に焦点をあてました

Orgatec Cologne 2018 Photo Daniele Ansidei 2 2473624
ロサンゼルスを拠点とする建築事務所ジョンストン・マークリーによる展示ブース

2018年のオルガテックで、アルテックは現代の働く環境における「普遍的な木製の椅子」に焦点をあて、スウェーデンを拠点とするデザインスタジオTAFによる新製品<アトリエ チェア>、イルマリ・タピオヴァーラの手掛けた<アスラック チェア>の復刻、新たに生まれ変わるアルヴァ・アアルトデザインのウェビングチェア<611 チェア>を発表しました。

アルヴァ・アアルトやイルマリ・タピオヴァーラの技術と想いを引き継ぐ名作と現代における最新のデザインは、ともに公共空間から居住空間において多目的に使える汎用性を備えています。

Orgatec Cologne 2018 Photo Daniele Ansidei 1 2473623
Orgatec Cologne 2018 Photo Daniele Ansidei 3 2473625
Orgatec Cologne 2018 Photo Daniele Ansidei 5 2473622
Orgatec Cologne 2018 Photo Daniele Ansidei 4 2473626

Photography: Daniele Ansidei

過去の記事