「永遠の相棒」を見つけ出す空間

2019年4月27日、アルテック日本初の直営店Artek Tokyo Storeが表参道にオープンします

Store-front

1935年にフィンランドで創業した、北欧モダンを代表するインテリアブランド・アルテックは、2019年春、東京・表参道に日本初となる直営店Artek Tokyo Store (アルテック 東京ストア)をオープンします。Artek Tokyo Storeは、フィンランドと日本の文化やライフスタイルを相互に伝え合い、現代の暮らしにおける本当の豊かさを発見することができる場所です。フィンランドに次ぐ世界第二のマーケットである日本に誕生する、初の直営店、Artek Tokyo Storeの設計は、日本の設計事務所DAIKEI MILLSが担当します。

「アルテックに残る記録によると、日本にアルテック製品が登場したのは1960年代のこととされています。それ以来、私たちは、情熱と親しみを込め、日本における活動を続けてきました。日本に直営店を持つことは長年の夢であり、ついにその時が最も相応しいタイミングで訪れました。東京にアルテックのアイデンティティを受け継ぐ場所が生まれます。そこは『日々の暮らしをより良くより美しく』という想いをともにする人たちが集う場になるでしょう。私たちも楽しみで仕方ありません。」 ― アルテック社長 マリアンネ・ゴーブル

「アルヴァ・アアルトのデザインをはじめとするアルテック の家具は、日本の文化とも親和性が高く、伝統的な日本家屋に在っても、はたまた現代的な都市のマンションの一室に在っても心地よくフィットする。アルテックの家具は、現代的でありながらも自然の匂いをもたらしてくれる普遍的なもの、なおかつ、有機的なシェイプが飼猫のように愛くるしくも思え、思わず撫でてしまう、そんな『永遠の相棒』のような存在でもある。東京・表参道という立地、フィンランドとは非常に異なる環境下において、フィンランドの自然がもたらすデザインに触れながらも、日本の住空間と暮らしに溶け込む『永遠の相棒』を見つけ出す空間を提供したい。」 ― DAIKEI MILLS

Artek Store Map Final72Dpi 24 24

店舗概要

Artek Tokyo Store

1935年にフィンランドで創業した、北欧モダンを代表するインテリアブランドであるアルテックの日本初直営店。約200㎡の店内には、アルヴァ・アアルト等フィンランドデザインの巨匠達による家具、照明、テキスタイルから、現代グローバルに活躍するデザイナーの最新作まで、アルテックのコレクションが一同に会します。特別商品、アルテックと価値観を共有するブランドや製品をともに取り扱うArtek Tokyo Storeは、現代の暮らしにおける本当の豊かさを発見することができる場所であり、アルテックのフラッグシップストアです。

名称 : Artek Tokyo Store

所在地 : 東京都渋谷区神宮前5 - 9 - 20,1F・B1F

交通 : 東京メトロ千代田線「表参道駅」徒歩5分

面積 : 約200㎡

オープン予定日 : 2019年 4月27日

営業時間 : 11:00 - 20:00

定休日 : 火曜日

#artektokyo

Artek Tokyo Storeオープンの最新情報は、プレスリリースおよびアルテックのホームページフェイスブックツイッターインスタグラムより随時お知らせしていきます。

「永遠の相棒」を見つけ出す空間