Artek

Armchair-401-402-Ovalette-Table-Floor-Light-A810

アルテックは1935年、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス=グスタフ・ハールの4人の若者により「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム文化を促進すること」を目的に、ヘルシンキで設立されました。今日、アルテックのコレクションは、フィンランドの巨匠たち、そしてグローバルに活躍する建築家やデザイナーによる家具や照明器具、ホームアクセサリーが揃っています。それらは一様に、機能主義に基づき、明快なデザインとシンプルな美しさを追及した製品です。創業者の精神を受け継ぎ、アルテックは今日でもデザイン、アート、建築の交点に立ち、未来への道を切り開き続けています。

PAA1147

家具

アルテックは自然素材を用いたものづくりを基本としています。自然素材の美しさと温かみ、経年変化による風合いや表情は、家具にさらなる魅力を与えます。設立者のアルヴァ·アアルトをはじめ、フィンランドデザインの巨匠たちや現代のデザイナーとのコラボレーションまで幅広く展開しています。

PAA1094

照明

アルヴァ·アアルトは、建築においても照明のデザインにおいても、自然光と人工の灯りが戯れるように相互作用することを大切にしていました。アルテックのペンダントランプはまるで彫刻のような美しさと存在感をたたえ、そこから放たれる柔らかな光は、時を経ても色褪せることはありません。

Siena_Fabric_white_black_cmyk_JPG

テキスタイル

アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトは、日々の暮らしを美しく彩るテキスタイルをインテリア空間にとって重要な要素と考えていました。アルテック創業の1935年から、テキスタイルは主要なアイテムの一つとしてマニフェストに挙げられ、今も尚テキスタイルを用いたファブリック、トレー、バッグなど幅広いアイテムを展開しています。

Riihitie_Plant_Pot_Photo_Susanna_Vento_1_JPG

暮らしを彩る製品

アルテックは「日々の暮らしをより美しく」という想いのもと、ありふれた日々の暮らしの中に小さな楽しさや彩りを添えてくれるプラントポットやフラワーベースなどのインテリア雑貨やグラフィックを用いたポスター、ステーショナリーなどを取り扱いしています。

価値観を共有するブランド

アルテックストアは、1936年にヘルシンキにオープンした当時から、アルテックの家具や照明だけでなく、価値観を共有するブランドや厳選されたプロダクトを扱う、現代におけるライフスタイルショップの先駆け的存在でした。フィンランドと日本の文化を相互に伝え合う場として、Artek Tokyo Storeも同様に、本物のものづくりにこだわる国内外のブランドや製品を取り扱っています。